カテゴリー別アーカイブ: アンチエイジング

馬プラセンタが美肌に効く!美容液やサプリも

馬プラセンタが注目を集めていますがご存知ですか?
プラセンタといえば、最近は豚のものが一般的ですが、馬プラセンタは豚に比べてアミノ酸含有量が高いんです。
プラセンタとは胎盤のことで、お腹の中で赤ちゃんをたったの10ヶ月で育てることからもわかるように、胎児への栄養補給のための各種栄養素が集中しています。
美容におけるプラセンタは、胎盤から様々な栄養成分を抽出したもので、ビタミン、アミノ酸、ミネラルを含み、シミ、そばかすの改善、小じわ、肌荒れの改善など、美肌・アンチエイジングに絶大な効果があるんです。
あの叶姉妹や森光子さんも愛用しているので、そのすごさがわかりますね!
かつてはクレオパトラや楊貴妃も若返りの秘薬として愛用していたんですよ。
美肌効果だけではありません。
新陳代謝が活性化するため、基礎代謝も向上し、更年期障害や、湿疹やアトピーなどに対する抗アレルギー作用まであるんです。
一般的な豚や羊に比べて、馬プラセンタが注目されている理由は、豚に比べアミノ酸含有量が数倍あり、肌への効果も大きいんです。
それもそのはず、豚は1度の出産で約10頭の子豚が生まれますが、馬の出産は1頭しか仔馬が生まれません。
1頭に栄養が注がれますからそれだけ効果が高いんですね。
また、家畜の豚などと異なり、馬は自然の牧草など飼料も安全なものしか口にしていませんから、安全性も高いんです。
プラセンタの取り方ですがいくつか方法があります。
エステなどでは直接注射するのが主流ですね。
自宅で気楽にできる方法としては、まず栄養ドリンクやサプリメントの形で飲む方法です。
口に入れるのはちょっと抵抗があるという方には、美容液もオススメです。
身体を作るアミノ酸がお肌に直接作用し、シミやしわ、くすみを改善し、お肌が美しく若返りますよ!
馬プラセンタのお勧め商品です。通販で気楽に購入できます。
エイジングリペア

ケミカルピーリングでアンチエイジング効果!

ケミカルピーリングとは、化学物質(ケミカル)で皮をむく(ピーリング)という言葉のとおり、フルーツ酸を塗り、表皮の古くなった角質を剥離・除去することによって、肌を生まれ変わらせるアンチエイジング法です。
ケミカルピーリングは、皮膚の再生を促すので、にきび、シミ、小じわなどの改善に効果があります。
特ににきびには高い改善効果が認められますね。
ケミカルピーリングは医療行為ですので、皮膚科など医療機関で行われます。
エステでもやっていますが、こちらは非常に薄い酸を使用していますので、効果は限定的ですね。
ただし、皮膚科でのピーリング治療は効果が高い分、副作用のリスクも高くなりがちです。
ケミカルピーリングの経験豊富な医師に治療を受けるのがいいですね。
角質や表皮を剥がすため、表皮が持つバリア機能や水分保持機能が失われますので、それに対する適切な対処が必要になります。
バリア機能が失われると、紫外線に敏感になり、日焼けや炎症を起こして湿疹になりやすくなります。
こうした炎症や湿疹は、後々、シミやしわの原因にもなりますので、注意が必要です。
せっかく美肌効果を期待して行ったのに、しみやしわができてしまっては逆効果ですね。
ちなみに副作用はひどい場合だと、肌がひどく痛み、出血して腫れたあと、かさぶたになりその炎症が3ヵ月ほど続くことがあります。
肌が弱い人が強めの酸を使った場合などに起こりますので、しっかり保湿や紫外線対策を行ってください。
年齢と共に、シワ・シミ・たるみといった肌の老化現象に悩まされます。
どんなに美肌のためのスキンケアを行なっていても、老化現象は避けられないからです。
でも、やはり若く見られたり、印象がよくなったりと、肌のアンチエイジングはあきらめられませんね。
ですから、美肌を保つためのアンチエイジングとしての美容整形も考えてみる余地があります。
美容整形を利用すれば、市販のスキンケア商品では治すことはできない肌トラブルまで治すことができます。
保険適用は認められていませんが、料金はおおよそ1回1万円程度です。
以前ほど抵抗感もなくなっていますし、一度試してみてはどうですか?

ファイトケミカルでアンチエイジング

肌をきれいにしたり、アンチエイジングの効果がある栄養素ファイトケミカル(フィトケミカル)をご存知ですか?
ファイトケミカルとは、植物が紫外線や虫などの害から自らを守るためにつくりだした成分のことなんです。
注目なのはファイトケミカルは人間が摂取しても同じ効果が期待できるんです。
その効果とは抗酸化力
もともと細胞の酸化をふせぐ働きをしているため、アンチエイジングにも効果的なんです。
ガン予防や美肌・美白効果もあって、見逃せない存在です。
活性酸素(体内で正規の役割を果たさなかった酸素)は細胞の遺伝子を傷つけて、細胞をガン化させるほかにも、動脈硬化、白内障などさまざまな病気や老化の引き金になります。
活性酸素による身体の酸化を防いでくれる抗酸化物質は食品から取ることができます。
その抗酸化作用がビタミンEよりも大きいと注目されているのがファイトケミカルなんです。
代表的なのがポリフェノールやイオウ化合物、カロチノイドなど。
生活習慣病の予防のためには、ファイトケミカルが多く含まれる食品及びサプリメントの摂取が重要なんですよ。
ファイトケミカルは野菜や果物、お茶にたくさん含まれています。
【ファイトケミカルを多く含む食品】
カロチノイド系
ベータカロチンなど。トマト、ニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜や柿、プルーン、パパイアなどの果物に多く、抗がん作用が期待できます。
フラボノイド系
赤ワインのポリフェノール、緑茶のカテキンなど。抗菌、抗ウィルス力が強く、インフルエンザも怖くない!?血糖値を下げる効果があり、糖尿病の予防に有効です。
ファイトエストロゲン系
大豆イソフラボン類、ゴマのリグナンなど。更年期障害や骨粗しょう症の予防に役立ちます。女性ホルモンにも有効。
含硫化合物
ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなどに多い。発ガン抑制効果や、血行を改善して動脈硬化を予防します。
是非、毎日の食事にファイトケミカルを意識して取り入れていきましょう。
野菜スープにして飲むのがもっともお手軽に摂取できますよ!